体温計

ご存知ですか?美容と健康に密接な関係

最も睡眠中の安静状態に近いといわれる朝、目覚めて動き回らず!布団の中で!が、測定の鉄則の基礎体温測定。
『あっ、忘れた…』。よく、ありますよね?
これを知れば面倒ではなくなるかも?

美しさへの近道・理解したい4つのサイクル

私たち女性の身体に大きな影響を与えている女性ホルモン。
今日の私の女性ホルモン、どんな状態なのかしら?

卵胞期

月経終了後、1週間くらいの間。
この時期は新陳代謝が良く、精神的にも肉体的にも元気な状態でお肌の調子も良い! エストロゲン効果が大きい最高の時期ですね!
(低温期)

排卵期

基礎体温が 低温期 → 高温期へ変化する日(排卵日)の前後3〜4日の間。
卵胞期と同様にエストロゲンが活躍してくれ心身ともに元気な嬉しい時期です。

黄体期

心身ともに不安定になり……。
新陳代謝も落ちてしまい女性の大敵である(むくみ)に悩む時期でもあります。
体重も増加傾向に! 私たちを悩ませる原因はプロゲステロンの働きのため。
こんな時期はいらないですよね(高温期)。

月経期

新陳代謝が落ちるので痩せにくい、お肌の調子もパッとしない、またまた、悲しい時期です。生理痛の悩みを抱える人も多いですよね(低温期)。
こんな風に『ツライから嫌!!』と思う時期もありますが(嬉しい作用)をしてくれる 時期を上手に活用してみましょう。

目指せ!理想のボディースタイル

卵胞期と排卵期、ダイエットを開始するにはベストなタイミングです。
なぜなら、心身ともに元気で新陳代謝も良くなり(むくみ)も解消されやすくなります。

黄体期と月経期、食事をガマンしても運動に励んでも効果が上がらない時期。
ただでさえ、心身ともに不安定になりやすいのに、ダイエットに励み効果が表れないことに更に、イライラし落ち込む……。
なんて悲しい事にならないよう、このサイクルを思い出して下さい。
【 痩せやすい時期】 は、またすぐ訪れるのですから!

ぷるぷる美肌を手に入れよう

生理前は睡眠をとっても、美肌効果がありそうな錠剤を飲んでも不調……。
このトラブルの原因は女性ホルモンの影響なのです。

卵胞期と排卵期は新しい化粧品を試すチャンス。
血行が良くなってお肌の水分や油分バランスも良いので適した時期なので、いつもより念入りにお手入れしたら、ぷるんぷるんのお肌も夢じゃないかも!!

そして黄体期と月経期。
お肌の油分が増加し、いわゆる化粧崩れしやすくなります。
しっかり水分補給をしてベタつきを抑える対策を!
血行も悪くなり、乾燥しやすく敏感に。新しい化粧品を試すのはオススメできません。
ヘアカラーも生理の時は控えるよう言われますね。肌が敏感だからなのです。

女性ホルモンの変化と上手に付き合いたい

女性らしさをつくり、妊娠を手助けし、美容や健康にも関わる大切な女性ホルモン。
近年では無理なダイエットや女性のライフスタイルの変化に伴い、ストレスでの体調不良をうったえる女性が増えています。
昔とは違いホルモンバランスが崩れやすい環境に身を置くことも多くなっている現在、自己管理の第一歩として基礎体温を知り、ホルモンバランスを知る必要があるかも知れません。

生理や妊娠がない男性は基礎体温変化をグラフ化しても直線になり基礎体温から変化を探ることができません。
女性ならではの健康チェック方法のひとつ。続けていきたいですね。

「基礎体温」参考サイトの紹介

基礎体温の知識の説明とともに女性の体調に大きく影響する女性ホルモンの働きについて紹介するサイト。月経の仕組み、月経痛の解消法、妊娠、妊婦中の過ごし方など各コラムに分け、わかりやすく簡潔に説明。

基礎体温
http://taionkei.jp/

”基礎体温”に関する記事の紹介

マタニティーコラム
http://taionkei.jp/e00column/e00column.html

双子だったらどうするか、妊娠が判明したらどのタイミングで職場に報告するか、働くママを支える法律を紹介。初心者ママに心強い情報が満載です。ぜひ、ご覧下さい。

月経の仕組みについて理解しよう
http://taionkei.jp/b00shikumi/b01kihon.html

月経とは何か?から、基本知識を説明。女性の悩みであるツライ月経痛を解消する方法などわかりやすく説明。症状から予測される病気など日ごろからチェックして早期発見、早期対策を!

基礎体温の変化と閉経の繋がり
http://taionkei.jp/a00kisochishiki/a06heikei.html

基礎体温の変化は閉経や更年期などの判断の目安になります。子宮がんや子宮筋腫が原因での不正出血を閉経と間違える人もいるので閉経の兆候など紹介。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります