子宮内膜症,子宮腺筋症

子宮内膜症とは?

子宮内膜症も子宮筋腫と同様にエストロゲンの影響を受ける病気であり、月経のあるうちは誰しもが発症する可能性があります。
特に20代から40代までの人に多いとされておりますが、子宮筋腫よりも低年齢(10代)で発症する確立が高いとも言われております。

子宮内膜症ってどんな病気?

月経の排卵に合わせて受精卵が着床できるように、エストロゲンの影響により子宮内腔で厚みを増す子宮内膜ですが、妊娠しなかった場合は内腔側の機能層が剥がれ落ち、月経血と一緒に体外に排出されます。

本来子宮口から膣を通り体外に排出されるはずの子宮内膜が、卵管を通り腹腔内に入ってしまい、そのまま成長してしまうことが子宮内膜症の原因と考えられております。
しかし子宮内膜症の正確な原因は未だハッキリとしていないそうです。

子宮の外に存在してもエストロゲンの影響を受けるために、月経時に成長を繰り返し、生理痛や過多月経などの月経異常の原因となってしまします。

子宮内膜症の症状

子宮内膜症は主に子宮周辺に発生しますが、他の臓器にまで発生することもあり、発生した部位により様々な症状を引き起こします。

子宮内膜症の主な症状は生理痛であり、他にも過多月経、不正出血や性交痛、受精卵の通り道となる卵管に影響を及ぼすことでの不妊、また周辺の臓器に影響が及んだ場合には排尿障害、便秘、腰痛などが症状として出る可能性もあります。

生理痛や他臓器への影響は子宮外で成長した内膜が、月経時に炎症や出血を繰り返すことにより発生する癒着を原因としております。

子宮内膜症の発生する場所(種類)

本来子宮内腔にできる子宮内膜ですが、子宮のまわりには複数の臓器があるため発生する部位にはいくつかに分類されております。

腹膜子宮内膜症

子宮を覆う骨盤内の腹膜(お腹の筋肉や臓器の表面を覆う薄い膜)に発生しやすく、子宮内膜症で最も多いのが腹膜病変、骨盤腹膜子宮内膜症です。

周りの臓器同士、また子宮と他臓器の癒着により、生理痛や性交痛、子宮以外の臓器に関係した症状が現れます。

卵巣チョコレートのう腫

卵巣内に発生することで、月経時の出血を外に出すことができず、卵巣内で悪い血が濃縮され卵巣チョコレートのう腫という症状を起こすことがあります。

古い血の塊で圧迫された卵巣は正常に働くことが出来なくなるため、不妊の原因が高くなります。

のう腫が大きくなることで他臓器の影響で卵巣を支えている靭帯がねじれて痛みを伴います。
そして最悪の場合は破裂してしまい出血と共に激しい痛みに襲われてしまいます。

ダグラス窩閉塞

子宮と直腸の間にある腹膜のくぼみをダグラス窩と呼び、そこに子宮内膜症が発生することで子宮と直腸の癒着により、生理痛以外にも性交時や排便時に痛みを感じるようになってしまいます。

子宮内膜症の治療方法

子宮筋腫と同様に鎮痛剤や漢方薬などによる症状の緩和を目的として保存療法、GnRHアゴニストを利用した閉経と同様の状態により成長を止めるホルモン療法などが子宮内膜症の治療に用いられます。

子宮筋腫との違いといえば、ピルの有効性が認められており低容量ピルが保険適用されているということです。

手術方法も子宮筋腫と似ておりますが、卵巣チョコレートのう腫の場合には症状が進むことで卵巣を摘出しなければいけなくなる可能性があります。

卵巣は片方でもあれば正常にエストロゲンの分泌が行われますが、とにかく早期発見が必要ということに変わりはありません。

子宮腺筋症と子宮内膜症の関係

本来子宮内腔に存在する子宮内膜が、子宮の外で発生・成長した場合に子宮内膜症となり、子宮壁(子宮の筋肉)の中に内膜が発生した場合を子宮腺筋症といいます。

子宮腺筋症の症状とは?

子宮壁に内膜細胞が発生して成長することで、子宮壁が厚くなってしまいます。

本来柔軟な動きを求められる子宮壁が子宮腺筋症になることで、月経時の痛みや過多月経などの原因となってしまいます。

併発率の高い病気です!

内膜細胞を原因とした子宮腺筋症は、子宮内膜症を発症している人の4人に3人は発症していると言われております。

そして症状の似ている子宮筋腫を発症している人でも、半数近くは子宮腺筋症を併発しているという結果があります。

月経異常や下腹部への痛みなどの症状として体は必ずサインを送ります。そのサインを無視するのではなく、自分の体のために婦人科での診察を受けるようにしましょう。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります