子宮がん

「子宮がん」は早期発見で100%完治の可能性!

子宮筋腫は良性の腫瘍であり子宮の筋肉にできますが、子宮がんを含む癌は上皮細胞に発生する悪性の腫瘍です。

そのため子宮筋腫とはまったく別物であり、子宮筋腫が子宮がんになる(変異する)ということはありません。

「子宮頸がん」と「子宮体がん」

子宮に発生する癌は発生する部位によって、子宮頸がん(しきゅうけいがん)と子宮体がん(しきゅうたいがん)に分類されます。

発症する割合としては子宮頸がんの方が高く、8割程が子宮頸がんと言われており、国の行っている無料検診も子宮頸がんを対象とております。

子宮が子宮頸部と子宮体部に分けられることは子宮の役割のページにてご紹介しましたが、 膣と子宮の境目にあたる子宮頸部にできるのが「子宮頸がん」であり、子宮体部の内腔側から発生する癌を「子宮体がん」といい、別名「子宮内膜がん」とも呼ばれます。

子宮がんの低年齢化

子宮頸がんは元々20代中盤から発症する人が少しずつ増え、40代で発症者数のピークを迎えていました。

しかし現在では20代前半から発症する人が増加し、30代で発症者数のピークを迎えるまでになり、低年齢化が進んでいると問題視されております。

HPV(ウイルス)により感染する子宮頸がん!?

子宮頸がんを発症した人は100%の確立でHPV(ヒトパピローウイルス)に感染しているということが分かっております。
しかしHPVに感染したからといって、必ず子宮頸がんを発症するということではありません。

HPVは性交渉にて感染するウイルスであり、性交渉が低年齢化したことによりHPVに感染する年齢も引き下げられ、そのため子宮頸がんを発症する年齢も徐々に下がってきていると考えられております。

HPV検査による子宮頸がんリスク検診

子宮頸がん検診では、子宮頸部から採取した細胞を調べる(細胞診)ことで行ないますが、それと同時にHPVの有無を調べることで、子宮頸がんの発症を検査することができ、通常の細胞診よりも高い確立(100%近く)で子宮頸がんを早期に発見することができるそうです。

海外ではHPVの感染を予防するワクチンも既に利用されておりまして、日本での承認が期待されております。

早期発見による治療の有効性

子宮頸がんは癌細胞の侵食が子宮頸部の上皮内にとどまっている場合は、手術で子宮頸部の一部を切除するだけで、その後の再発はほとんど無いとまで言われております。

子宮の一部を切除するだけですので、妊娠にも影響はありません。

政府では子宮頸がんの検診の有効性から、20歳を超えた人を対象に無料での検診を行っておりますが、受診率は30%以下と低いそうです。

命を落とす危険のある癌であり、女性であれば誰でも発症する可能性があるのですから、必ず検診を受けるようにしましょう。

子宮肉腫は子宮筋腫に似た悪性腫瘍

子宮肉腫は悪性の腫瘍であり「がん」と言われますが、「子宮頸がん」などの上皮細胞に発生する癌腫とは違い、子宮の筋肉から発生する悪性腫瘍(がん)です。

発生率は少ないが注意したい

子宮肉腫は子宮体部から発生しまして、子宮体がんと比べるとその発症率は数パーセント程度とされております。

肉腫は「がん」であり、筋肉だけじゃなく血管、周りの臓器や骨などの非上皮細胞にも転移します。

子宮肉腫の症状

生理痛や不正出血など子宮筋腫と似た症状が、子宮肉腫の主な症状となりますが、月経時以外でも下腹部に激痛が走ることが有ります。

そして子宮肉腫の顕著な特徴としては、疑っていた筋腫のサイズが大きくなる速度が早い。子宮自体が大きくなる。などがあります。

病理検査でなければ本当に子宮筋腫か判断できません!

子宮肉腫は症状が子宮筋腫と似ておりまして、触診や超音波検査のみで子宮肉腫と判断することはできず、がん検査に有効とされる腫瘍マーカーも同様で、最も有効と言われているMRI検査でも「子宮肉腫の疑いがある」と完全に断定することは難しいそうです。

そのため子宮筋腫を摘出した後で、病理検査の結果で初めて子宮肉腫と判明することがあります。

定期検査は必要なのです!

もう他ページでも検査の必要性は何度も書いておりますが、命を落とす心配が少ない子宮筋腫ですが、子宮や卵巣を失う危険性はあり、もし筋腫ではなく子宮肉腫だった場合には命を落とす確立が高くなってしまいます。

子宮筋腫と診断されたとしても、急激に成長する場合は子宮肉腫の可能性が高くなります。症状が出ない限りは病院に行かないというスタイルでは、肉腫が成長し子宮外に転移する危険性が高くなります。

定期検査には予防の意味をあるということを理解して、症状が出てなくても20歳を過ぎたら子宮に関する病気には注意しましょう。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります