不妊

そもそも不妊とは?

赤ちゃんが女性のお腹の中で育つことから、不妊の原因は女性にあるというイメージが世間一般では強いようです。

しかし女性要因が4割、お互いに要因がある場合と、男性の側に要因がある場合が、それぞれ4分の1程度はあるとされており(残りは原因不明とされます)、全てが女性に原因があるという訳ではありません。

不妊症の定義とは?

妊娠を希望し避妊しない状態で、2年以内に妊娠しない場合には不妊症の疑いが強いとされております。

しかし現在では晩婚化が進んでいることから、2年とまたず1年ぐらいで不妊症を疑ってみたほうが良いという考えもあるそうです。

男性の協力が必要です!

不妊、そして子宮筋腫という病気に関しても、パートナーである男性の理解は必要なことです。

妊娠は一人ではすることはできません!子宮筋腫を初め子宮や卵巣に関わる様々な病気では、症状によっては子供を作ることができなくなる可能性が十分に考えられます。

「そういう病気がある」ということを知らない男性も少なくはありません。

病気・不妊という問題は、結婚している人にとっては、二人で解決・治療していかなければいけないのです。

子宮筋腫と不妊の関係

男女共に様々な要因により不妊となる可能性がありますが、少なからず子宮筋腫が原因で子供を授かることができないという人はおります。

しかし子宮筋腫だとしても元気な赤ちゃんを生む人は多数おり、筋腫を手術で摘出してから妊娠する人も沢山いることも覚えておいて下さい。

子宮筋腫で不妊となる原因とは?

現在までに明確な原因は分かっていないのですが、妊娠にいたる過程である「卵管で受精した受精卵が卵管を通り、子宮内膜に着床する」という一連の流れが妨げられるために、不妊となると考えられております。

粘膜下筋腫や筋層内筋腫が大きくなることで、子宮内腔が圧迫され盛り上がってしまうことで本来の環境(形)とは違うため、受精卵が着床しづらくなることがあります。

また漿膜下筋腫でも卵管と子宮の境目付近にできることで、精子や卵子、また受精卵が卵管を通ることができず不妊となる可能性があります。

筋腫核出術後の妊娠

不妊に悩んだ末に婦人科を訪れて検査したところ子宮筋腫が見つかり、女性・男性共に特に不妊となる原因が無いため、筋腫核出術を行ったところ、その後自然妊娠できたという症例は多数あります。

若く結婚していない女性の場合は、子宮筋腫の手術といえば子宮を温存する筋腫核出術が基本ですが、子宮を残すことは再発の可能性を残すことにもなります。

将来妊娠を望むタイミングで再発という最悪のシナリオを考えると、筋腫核出術が2回までは行えるとされているとはいえ、手術のタイミングも検討する必要があります。

腹腔鏡手術が最適です

筋腫核出術は子宮を残すことができますが、少なからず子宮に傷がついてしまいます。
傷が治る際に他の臓器や細胞とくっついてしまう(癒着)可能性があり、癒着により子宮や卵管、卵巣などに影響がある場合には、せっかくの不妊治療としての筋腫核出術が原因で、不妊となってしまう可能性もあるのです。

開腹手術に比べると、腹腔鏡手術は癒着が発生しにくい手術法であり、不妊治療としての子宮筋腫手術には腹腔鏡手術が多く用いられます。

腹腔鏡手術が適用される筋腫のサイズは10cm程度とされております。
ホルモン療法を数カ月間行うことで、筋腫を小さくできる可能性はありますが、やはり早めの検査が必要となります。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります