漢方

漢方薬は体に優しい薬です

東洋医学として昔から使われている漢方薬は、植物や動物、鉱物などを原料とした自然由来の生薬を組み合わせた薬です。

副作用は無いの?

天然の物であっても薬であることには変わらず、間違った漢方薬を使用したり、摂取し過ぎた場合には、別の作用や強い作用が副作用として体に出ることはあります。

しかし西洋薬と比べると副作用による影響は少ないので、副作用が懸念されるGnRHアゴニストやダナゾールなどのホルモン剤と漢方薬を併用することで、西洋薬の使用量を減らすことができ、結果的に副作用を抑えて高い効果を得ることができます。

西洋薬と漢方薬の違い

西洋薬といえば病気の悪い部分に直接作用するイメージがあると思います。

対して漢方薬は体の持つ本来の治癒力を高める作用が強く、免疫力の低下、ホルモンバランスの崩れなどが原因とされる、婦人病には昔から用いられていました。

人それぞれの漢方薬

西洋薬の種類が病気・症状によって決まるのに対して、漢方薬は人によって処方される薬が決定されます。

そのため友達が似たような症状の時に効いたからといって、同じ薬を飲んだとしても思うような効果を得られない場合があります。

薬としての効果を得られる漢方薬だからこそ、病院や漢方薬店などの信用できる所で症状を詳しく説明し、処方してもらう必要があるのです。

子宮筋腫に効果的な漢方薬

子宮筋腫以前に辛い生理痛で婦人科での診察を受けた際に、痛みを和らげるために鎮痛剤、または貧血を改善するために漢方薬を処方された人も多いと思います。

症状を軽減する漢方薬

漢方医学では生理痛の原因は、血の巡りが悪くなっていることと、月経時に子宮が働くための栄養が足りない(栄養不足)ために起こると考えられております。

それらを解消するための桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが良く用いられます。

血行不良のままでは筋腫は大きくなると考えられておりますので、血行不良を解消することで筋腫が大きくなることを止める作用もあるのです。

体質改善しなければ治りません!

これは子宮筋腫だけじゃなく、アトピー性皮膚炎やダイエットにも通じるものがあります。

根本的な治療薬が無い限りは自分の生活を見なおして、体に悪いと思われることを排除し、体に良いとされることを継続することで、本来の健康を取り戻すことで初めて目的に近付くことができるのです。

アトピー性皮膚炎においては、ステロイドで一時的に症状を抑えるとしても、「食生活を見直し免役バランスを正常に戻す」などが、症状を抑えるために有効とされております。

ダイエットだって、「朝バナナを食べてるだけで痩せた〜」と喜んでいても、一時的な物で結局は運動などをしない限りは健康的に痩せることはできません。

自然治癒力と科学の力で治療効果を高める!

漢方薬には先に紹介したとおり、本来の健康になろうという体の機能を助ける・回復させる作用があります。

漢方薬をのみつつ規則正しい生活を心掛け、運動などをして免疫力を高めることでホルモンバランスを正常に保つことができ、自然と子宮筋腫も軽快に向かうとされております。

「西洋薬は悪く、漢方薬が素晴らしい!」という話ではなく、お互いのメリットを利用することが大切なのです。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります