女性保険

女性保険で子宮筋腫の治療代をカバー

いざ治療や手術が必要となった段階で、金銭的な不安を抱えたままでは、安心して治療を受けることができません。

病気や怪我による入院や手術費用に関する保険といえば医療保険であり、特に女性特有の病気に対して厚い保障を受けることができる女性保険がオススメです。

医療保険と女性保険の違い

通常の医療保険でも子宮筋腫により入院した場合、保障を受けることはできますが、女性保険の場合だと通常保険と比べて、入院給付金や手術に対する給付金として上乗せされた金額を受け取ることが出来るようになります。

もちろん女性特有の病気以外に対しても保障を受けることはでき、上乗せ分の保証金が無いだけで通常の医療保険としての機能も持ち合わせています。

対象となる病気とは?

女性疾病や女性特定疾病とされる、女性特有の病気が保障の対象となります。

保険会社により多少の違いはありますが、子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)、卵巣がん、乳がん、乳腺症、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫など、発症率の高いメジャーな病気はほとんど網羅されております。

女性保険のメリットとデメリット

通常の医療保険よりも女性特有の病気の場合には、保証金額が多く受け取ることができるのが女性保険のメリットですが、その分保険料が多少高くなるというデメリットはあります。

しかし子宮筋腫だけじゃなく、「乳がん」や「子宮頸がん」など30歳を境に発症率が上がり、確実に治療が必要となる病気もあります。(女性用がん保険も別にあります)

保険に入る時期については、様々なことが言われておりますが、保険料によっては結果的に払った総額は同じぐらいになることから、保障を長期間受けることができる若いうちに加入した方が得とされております。

子宮筋腫でも入れる保険

子宮筋腫と診断された後でも、加入後数年間の部分不担保(子宮筋腫は保障外)という条件付きであれば、多くの会社で保険に加入することができますので、経過観察で様子をみている人も、数年後に手術の可能性は考えられますので、検討してみてはいかがでしょうか。

診断された後で、保険加入時に経過観察とはいえ筋腫のことを申告しない場合は、告知義務違反となり、保障を受けることができなくなりますので注意しましょう。

掛け捨て?積み立て?

医療保険の多くは掛け捨てになりますが、数は少ないなりに数年から10年満期の積み立てタイプの保険もあります。

掛け捨てに比べ月々の保証金が高くなる積み立てタイプですが、契約年数に応じて払戻金・給付金として、まとまったお金を受け取ることができるというメリットがあります。

払戻金は病気などにより保障を受けたとしても、満期時に生存していれば受け取ることができ、死亡時には死亡保障がついているタイプが多く、医療保険プラス生命保険の機能を合わせ持っているタイプもあります。

年齢と保険料を考えて

女性特有の病気は年齢を重ねることで発症率が高くなる傾向にありますので、一生涯に渡って保険には入っていたほうが良いとされます。

積み立てタイプでも更新型の場合は、10年毎に一定金額の払戻金を受け取ることができますが、更新時に年齢に応じて保険料が高くなってしまうのが大きなネックとなります。

女性の場合ですと、結婚など様々な計画があり一概には言えないのですが、医療保険に関しては保険料の安い若いうちは、貯蓄の意味合いを込め積み立てタイプでも良いかもしれませんが、掛け捨てタイプでの生涯保障も検討するようにしましょう。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります