手術後

手術後の注意事項

子宮筋腫に限らず何らかの病気などで手術を受けた場合には、退院後しばらくは手術前と完全に同じ生活という訳にはいきません。

しかし傷が開いてしまう恐れが有るからといって、何事に関しても敏感になる必要はなく、やれることは自分でやり、意識して運動をするように心がけることも大切です。

痛い時には無理をしない

退院後の身の回りの世話などは、痛みに注意さえすれば何をしても問題はありません。

しかし無理をすることで傷口が開いてしまう場合がありますので、家事も休み休み行うようにしましょう。

退院後の制限事項

退院後の数週間は完全に傷口が塞がっていないため、湯船への入浴、激しいスポーツや性交などは控えなければいけません。傷の状態によりますが、湯船に入れなくてもシャワーは問題無い場合がほとんどです。

立ち仕事の場合には体への負担が座り仕事よりも多くなりますので、1,2週間は仕事を休んだ方が良いとされております。

最も体への負担が大きい開腹手術でも1ヶ月ぐらいもすれば入浴や性交は肉体的に問題なく行え、スポーツも2ヶ月も経たないうちに気にせず行えるまでに回復します。

手術の内容と個人の回復力にもよりますので、退院時に医師または看護師からの説明をシッカリと受けるようにしましょう。

手術後の検診時期と必要性

術後の傷の回復具合はもちろんですが、体調の変化や筋腫核出術の場合には、月経時の状況などを確認するためにも手術後の検診は大切です。

抜糸のために1週間後ぐらいに通院が必要となり、その後は1ヶ月後、6ヶ月後、1年後と傷の回復具合と他の小さな筋腫がある場合には経過観察を行ないます。

子宮を残した人は再発の可能性は消えませんので、その後も半年から1年ぐらいの感覚で定期検査を続けるようにしましょう。

子宮を全摘出した場合でも、卵巣の状態を観察する必要がありますので検診に行かなければいけません。

感染症による発熱に注意しましょう

多くはありませんが、筋腫及び子宮を切除した部分から感染症を起こしてしまう危険性があります。

退院後1ヶ月ぐらいまでで熱が出た場合には、症状的には風邪と思ったとしても、傷部分から感染してしまった可能性がありますので、市販の風邪薬で様子見するのではなく、病院での診察を受けるようにしましょう。

万が一感染症となった場合でも早期発見により対処することで、その後の経過回復が良好となります。

再発の可能性

筋腫核出術を行った場合は、他の筋腫が大きくなり子宮筋腫として症状が現れてしまうことは充分に考えられます。

ほとんどの人が多発性筋腫であることから、筋腫の芽が有りエストロゲンが分泌されている限りは再発の不安から逃れることはできません。

万が一再発した場合には、筋腫の状態によっては再度筋腫核出術を受けることも可能とされております。
術後の回復過程で傷の部分が癒着してしまう可能性が高いことから、筋腫核出術は行えても2回までと言われております。

もちろん妊娠を望む場合は筋腫核出術を行うことをお勧めしますが、妊娠を望まない場合には再度の再発を考慮すると子宮の摘出も検討した方が良いかもしれません。

病気をきっかけに健康に気をつける

子宮筋腫は正常な女性ホルモンの働きにより成長してしまうので、明確な予防法というものがありません。

しかしストレスや免疫力との関係は強く、生理痛や月経異常などは血流障害と関係していることから、普段から健康に気をつけることにより子宮筋腫の再発率を下げる効果は期待できます。

自分で運動不足って思いませんか?

学生の時には授業で体育があり、嫌でも体を動かしていたという人は多いと思いますが、社会人になってからは自ら運動しようと思わない限りは、体を動かす機会は少ないと思います。

手術後の体をいたわるあまりに太ってしまうという人は多く、痛みを伴わない程度の運動は推奨されております。

退院後すぐに「ジムでバリバリ運動して下さい!」ということではなく、ストレッチやウオーキングなどの軽く体を動かすだけでも、運動をしていなかった体にとっては充分と考えらます。

運動することで健康的に痩せて綺麗になる!?

運動を続けることで基礎代謝力が上がり、汗をかく事で新陳代謝が促進され、免疫力の向上も期待できます。

それらの効果は健康にはもちろん、痩せやすい体になり、肌が綺麗になるという目に見える効果も期待できるのです。

規則正しい生活習慣を身に付ける

子供の頃に言われていた「早寝早起き」に通じるものがありますが、寝る時間と起きる時間を中心に生活リズムを考えなおしてみてはいかがでしょうか。

必要な睡眠時間は人それぞれ違い、また仕事の都合などで睡眠時間が不規則となる人は多いと思いますが、睡眠のゴールデンタイムと言われている22時から午前2時の睡眠は、体の代謝力が最も活発になると言われております。

運動をして汗をかいた後に、お風呂で体を充分温めることで血行が良くなり、それまで熟睡できなかった人が「ビックリするぐらい気持よく眠れた!」ということがあります。

食事内容を気にかけましょう

子宮筋腫に極端に悪いという食事(食材)はあまりありません。エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂りすぎるのは推奨されておりませんが、過剰摂取が問題であり、大豆製品が悪いということではありません。

何事もそうですが、食事もバランスが大切であり、色々な食材を使った料理を食べることが最も健康に良いという結論になります。

そして最も気をつけなければいけないのが、どんなにバランスの良い食事だとしても食べ過ぎは体に悪いということを忘れないことです。

ポジティブな考えが健康に繋がります

誰しもが手術は受けたくありませんが、それまで苦しめられた生理痛が解消され、月経のたびに憂鬱な気持ちになることがなるくなると考えるとどうでしょうか?

まったく生理痛を感じ無い人の365日(1年)と、長ければ1週間(7日間)は薬を飲んでも動けなくなってしまう人の場合、7日かける12ヶ月で1年間に84日も自由に動ける時間が減ってしまうと考えられます。

手術をしてスッキリとした気分になれるのであれば、それまで毎月感じていたストレスを受けることもなくなります。

ストレスは子宮筋腫だけでなく、様々な病気の要因になりえますので、人間にとってストレスを溜めない・発散させるということは必要なのです。

人それぞれの考え方があり、子供を望まなくても子宮は残したいという考えもあると思います。

周りの理解などもありますが、決して「手術は悪いことではない!」ということだけでも、頭の片隅に留めておいてください。

  • 子宮筋腫の症状 - 痛みや他の兆候を知り気になる場合は病院へ!
  • 子宮筋腫と月経(生理)・閉経の関係 - 小さな変化が病気の発見に繋がる

  • 【子宮筋腫の基礎知識】原因・症状を知ることが早期の治療や手術に繋がる
  • 【子宮筋腫にまつわるエトセトラ】子宮の働き・月経の意味を確認!女性保険って知ってますか?
  • 【子宮筋腫Q&A】プラセンタや漢方の効果は?子宮がん・不妊になる?気になる疑問を解決!
  • 【エストロゲン由来の女性疾患】内膜症や腺筋症、乳がん、卵巣嚢腫などの病気があります